blog

2019-01-11
セブ拠点(支店・店舗)の広告戦略と、ブランディングをお手伝いします

 

 

当社ではセブ島に拠点や支店をもつ、日系企業のPR&広報サポートを行っています。

 

 

日本のみで展開をしている企業であれば簡単に行えるプロモーションも、
セブで対日本人に向けて行うと大変さが増してしまうことも多いのではないでしょうか。

 

どのような展開をすればターゲット層に届くのか国内とは勝手が違うことや、
そもそもセブ拠点には最低限の日本人スタッフしかいないなど、
広報や販促に時間をかけるのが物理的に難しい事情も出てきます。

 

そのような時こそ、手が足りない部分を私たちにお任せください。

 

最初にヒアリングをして方向性が決まった後は、企業ブログ更新や各SNSの対応も承ります。

 

業種やターゲット層によって、効果的なブランディングは異なります。

 

御社の状況に合わせて内容をカスタマイズできますので、
「こんなことをしてみたい」などお気軽にご相談ください。

 

 

■セブ拠点だけの専門サービス

 

 

日本で経営をしている会社への上記サービスにプラスして、
以下のような現地サービスも対応が可能です。

 

●日本またはセブで、お客様へサービスのご案内(代理窓口)

●プレスツアーに広報として立ち合い

●会合などに広報担当として同行

●大切な日本人ゲストを空港からご案内

●ゲストの観光&ショッピング付き添い (安全な地域に限ります)

●スタッフとして取材を受ける/原稿などの確認

●写真撮影のため、モデルを集める→撮影同行

●日本語、英語、ビサヤ語が話せる通訳を手配

 

セブ拠点で働くスタッフの皆さまが業務に集中できるよう、
PRや広報活動まわりの活動を丸ごと引受けいたします。

 

お困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

●story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

2019-01-10
セブのATMなら両替なし、日本のキャッシュカードでお金がおろせます

 

 

●セブのATMは、日本のキャッシュカードが使えます!

 

海外旅行をしていると、両替タイミングに悩むことってありませんか?

 

日本の空港は手数料が高すぎるし、
現地の空港でも街のレートと比べたらまだ高いことがほとんど。

 

とはいえ慣れない街で、ホテルから日本円を両替所まで持ち出すのも緊張するし……。

 

セブではそんな時にATMから、
日本の銀行キャッシュカードでそのまま現地通貨がおろせます!

 

 

●日本のキャッシュカードが使えるのは、こんなATM

 

 

 

 

 

特定の場所だけでなく、
ショッピングセンターなど人が集まる場所によく設置されています。

 

(アヤラモールでは、ほとんどの階に一台は設置されていました。)

 

 

 

 

青枠で囲ったPLUSマークが手元のキャッシュカードにもあれば、
日本円の預金から特に手続きなしでそのままPHP(フィリピンペソ)が引き出せます。

 

ただし引き出しには手数料が毎回250PHP(約500円)がかかるので、
ある程度はまとめておろした方がお得感があります。

 

大めの金額を持ち歩くのも出先から片道だけなら、
緊張する時間も少なくなるのではないでしょうか。

 

次回のセブ旅行では、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

2019-01-08
当社の広報・PR代行サービスについて

当社の広報・PR代行サービスについて

 

 

日本とセブ島での広報・PR代行を行っている当社で、
提供しているサービス内容のご紹介です。

 

基本プラン 6ヶ月間、企業の広報&PRをトータルサポートいたします。

 

・面談のうえで、半年後に目指すゴールを決定。数値など分かりやすい目標を設定します。
・企業の歴史やクライアント像、大切にしたいことを深堀りし企業価値を発掘。

 

半年経過した後にゼロに戻ってしまうことがないよう、
3年後5年後を見越した未来につながるブランディングを実施します。

 

■リサーチ、現状の広報ツール等を解析

■面談をもとにした、ゴール価値「~といえば○○(御社)」の提示

■SEO対策を含めた、広報&PRプランご提案

■WEBページアクセス解析、コンサルティング(月1回)

■パンフレットやチラシを含めた、広報物テキスト作成/量により費用加算

■企業サイト用テキスト作成/量により費用加算

 

費用:43万円 (6ヶ月分/サポート内容ご提案後のお支払い)

 

+カスタムパーツ(費用加算)

 

■プレスリリース原稿の作成・配信/配信システムを利用し、100社程度へ送信します

■寄稿原稿の作成代行

■ブログ、各種SNS記事作成代行(基本は週1回/一日1投稿)

対応可能メディアはブログ、Facebook、Instagram、twitter

■取材媒体の原稿チェック

 

※セブ拠点の場合には、契約期間中2回まで現地訪問が可能です。

 

オンライン対応や広報物の作成だけでなく、社外広報としてメディア対応もいたします。

 

 

 

 

プレスリリース対応プラン (6ヶ月)

 

これから御社が目指していく姿やクライアント像を伺いながら、
メディアに掲載されることだけで目的を終えない、
「3年後に検索をされても、企業資産になる」プレスリリースを作成します。

 

■配信2回プラン

6万5千円(プレスリリース2回/半年)+配信メディア利用料6万円(3万円/回)

 

■配信3回プラン

9万円(プレスリリース3回/半年)+配信メディア利用料9万円(3万円/回)

 

+カスタムパーツ(費用加算)

■プレスリリース配信後の効果測定レポート 1万円/回

 

 

こちらに掲載されていないサービス内容についても、ご要望により対応いたします。

「こんなことをしてほしい!」具体的なお悩みがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

 

 

●story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

2019-01-06
【ここで胃薬売ってます】セブ滞在中に胃が痛くなったら?

 

 

★「お腹が痛い」を英語で言うと…… →  「stomachache」

 

セブでは基本的に、水道の水が飲めません。
大丈夫だと分かっている場所以外では、飲食店のお冷も控えたほうが安全です。

 

ただどれだけ気をつけていても、お腹が痛くなってしまう時はあります。

 

そんな時に飲みなれている胃薬などの常備薬があれば一番ですが、
もし持っていなければ選択肢は二つ。

 

病院に行くか、薬を買いにいくか。

 

※病院に行く場合は、旅行保険に入っているなら必ず専用の窓口へ連絡してください
先に病院へ行ってしまうと、費用の支払いがされなくなる可能性があります。

 

 

私が胃薬を必要とした時は祭日で、病院の外来はおおむね閉まっているとのこと。
しかも心当たりの氷か食べ物があったので、緊急性はない状態でした。

 

救急病院や休日外来に行くほどではないけれど、
胃がキリキリと痛いため自分で胃薬を調達しに行くことに。

 

向かった先は、以前に頭痛薬を購入したアヤラモールのRose Pharmacy/ローズファーマシーです。

 

場所については、過去記事で紹介しています。

 

 

 

頭痛薬が買えたのだから、胃薬だって買えるはず!とカウンターへ直行。

薬剤師さんに「胃が痛い!」と訴えて問診を受けた結果、無事に胃薬を手にいれました。

 

薬を飲む前に念のため検索してみたところ、
「ブスコパン錠」という日本で売られているのと同じモノであることが分かりました。

 

薬局のカウンターで英語の交渉が難しそうであれば、
冒頭の写真と英文を見せるだけでも症状や欲しい薬が伝わると思います。

 

同じような胃薬であればRose Pharmacyでなくても、街のファーマシーで手に入るはずです。

 

もし症状が酷かったり原因が不明な場合には、必ず病院へ行ってくださいね!

 

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

 

 

2019-01-04
広報・PR部署をもたない小さな会社は、「フリーランス広報 」を利用する選択も

外部広報,フリーランス広報,広報代行,story's base,広報 依頼

 

 

社内に広報部門を置いていない小さな会社やお店は、
チラシやポスター、WEBなどのツールを使って広報施策を行う際、
その度に外部の代理店に依頼を行うことが多いのではないでしょうか。

 

もちろん都度対応をしても販促物自体は、質の良いものができるはずです。

 

けれども広報やPRの視点では、
それらのツールを一定期間ごとの使い切りとして扱うのはもったいないですし、
本来であれば情報を届けられるはずの見込み客に必要なデータが届かない可能性が出てきます。

 

 

●外部に向けた広報は、一定期間トーンを合わせる

 

 

販促活動には「今すぐに商品やサービスを買ってもらう」以外にも、
自分たちのことを知ってもらい、ファンになってもらう目的があります。

 

広告業界における考え方で、スリーヒットセオリーと呼ばれている定説があります。

 

それは、消費者は「今すぐに必要な生活必需品以外は、
最低3回は商品の広告を見ないと興味を持たない」というものです。

 

1回目に情報に触れて記憶に残し、2回目で興味を持ってもらい、3回目で購入に結びつく……。

 

スパンが長すぎるように感じますが、
消費者はこちら側が思っている以上に、すぐに必要でない物には興味を持ってくれません。

 

注意すべきなのは、この期間は商品やサービス会社のことを知ってもらうための時間であるため、
発信している内容の切り口や雰囲気が変わってしまうと別物として認識されてしまう可能性が高くなることです。

 

●だからこそ、”社外に広報を置く”発想を

 

社外広報,外部広報,広報代行,PR代行

 

 

このような時に社内広報がいたなら、
継続を前提としたプロモーションプランを考えればいいだけです。

 

けれども現時点で広報やPR部門がないのであれば、
この一定期間だけでも社外広報を置くことで問題は解決します。

 

それによって、自社の広報と同じように理念から目指す姿までを共有し、
発信時には消費者との接点を持てた段階から興味を持ってもらえるまで、
統一した世界観を作りあげることが可能になります。

 

せっかくの施策ですので一時的な販促ツールとしてではなく、
将来的な成長を呼びこむ手法としても活用するのがオススメです。

 

 

自社に合わせた広報計画を立てたい、
現在の単発で行っているプロモーションから切り替えたい……

広報やPRに関するご相談は、無料で承っております。

 

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。