blog

2019-08-19
朝日新聞×HUFF POSTの記事が公開されました。

 

 

朝日新聞社が運営するクラウドファンディング「A-port」の、PR記事を担当させていただいています。
掲載先はハフポストさんです。

 

 

「夏休みになったとたん、やせ細る子どもたち。貧困状態にある彼らにとって「生命線」は給食だった」

https://www.huffingtonpost.jp/entry/kids-door_jp_5d5a3a92e4b0eb875f25e664?utm_hp_ref=jp-homepage

 

 

新聞社が母体だからこそ、まずは大きな問題提起があり、一度の資金調達さえ済めば万事OKとならないケースが多く。

だからこそ弊社が担当する記事がいっときの宣伝だけでなく、今後にわたりクライアントさんのPR素材としてもお役に立てるようなつくりを目指しています。

 

なによりもクラウドファンディングは、それぞれの企業や団体がしている、ふだんの発信では届かない層や地域に情報を届けるチャンスです。

いつもその情報に触れていない人たちには、どんな表現だったら響くのか……と、PR目線でリサーチしながら掲載を行なっています。

 

 

ロヒンギャの女性、7年の投獄をへて社会起業家になる。「特定の少数民族だけ支援しても平和は来ない」
https://www.huffingtonpost.jp/amp/entry/rohingya-people-education-support_jp_5d424e20e4b0ca604e2c9494/

 

●1+1の答えがわからない。虐待、貧困……。そんな境遇の子どもたちに勉強を教えるNPOの活動とは
https://www.huffingtonpost.jp/entry/3keys_jp_5d31893ce4b0419fd32b2557?fbclid=IwAR1yBYI7MRPgMNN_LzOFGnf5Zlb4L9KO-QdqFb3gI-3ESmCzRnVtNGG7YVA

 

この後も、取材済み記事の公開が続きます。

 

Tags:, , , ,
Posted in blog, PR・広報 | Comments Closed

 

2019-05-06
「働く場所や時間を自由に選ぶ」フリーランスを目指す人向けのトークイベントに登壇します

 

弊社代表の小松田が、フリーランスを目指す人向けのトークイベントに登壇します。

 

“好き”を仕事にする4人の女性に聞く

『時間も場所も自由に選べる働き方』トークイベント

 

●海外や国内の複数拠点で、自分で仕事を作り出し自由に働く4人のフリートークです。

 

●スピーカーはどんな人?

 

・Yuko Toyokawa(Yu)
Blanc coco デザイナー&オーナー
約15年、日本のプロダクトデザイナーとして第一線で活躍。数々の有名ラグジュアリーブランドや企業にて、Tシャツなどのアパレル商品・ポーチなどの雑貨・スワロフスキーや革やシルクの小物のデザインを担当。ディスプレイや広告グラフィックなども幅広く手がけ、2017年より自身のジュエリーブランド「Blanc coco」をハワイにて展開中。UNIBAZAR HONOLULU公認プロデューサー兼デザイナー。

 

・小林 香織(こばやし かおり)
ライター&WEBデザイナー
1981年・埼玉県生まれ。ノマドライフに憧れてOLからフリーライターに転身。2014年ライターデビューし、【働き方、ライフスタイル、旅】など700以上の記事を執筆。Yahooトピックス、スマートニュース、ハフィントンポストなどに掲載履歴アリ。セブ島への一芸留学&IT留学、福岡県・柳川市やタイ・バンコク等へ短期移住の経験を持つ。旅と仕事を両立させるスタイルで、現地でノマドライフを送る。2019年2月より、新たなスキルとしてWEB制作を習得し、「書けるWEBデザイナー」としての活動をスタート。

 

・筒木 愛美(つつき まなみ)
Webコンテンツプランナー
1990年・長野県安曇野市生まれ。大学卒業後、都内Webコンテンツ制作会社に入社。ディレクター・編集者として、SNSマーケティング・Webメディア運用支援などに携わる。また会社員として勤める傍ら、非営利団体の広報担当としても活動。2018年1月に独立し、長野県にUターン。フリーランス広報として、企業・自治体・NPOの情報発信支援を行う。長野と東京の2拠点生活中。

 

・小松田 久美(こまつだ くみ)
story’s base Inc. CEO/PRプランナー/ライター
2019年2月にフリーランスから法人化。東京のブランドや企業、セブに拠点をおく日系企業の広報&PRサポートを実施。ライターとしておこなった雑誌や書籍・WEB等の取材数は、のべ300件/13冊(書籍)にのぼる。メディア側で活動をしてきた経験を生かし、企業のブランディングから対応が可能。パラレルキャリア支援として、次のステップを目指す女性たちをスタッフとして迎え、経験を積んでもらう場も提供している。

 

 

●どんな話をするの?

以下のトピックや来場したみなさまの興味に合わせて、内容をカスタマイズします

・自由な働き方を実現させるまでのステップ
・1週間の働き方
・具体的な収入のつくり方
・“好き”を仕事にして良かったこと
・結婚や出産について

 

●日時・場所

2019年5月19日(日)18:10開演(17:50開場)〜19:10 終了
場所:中目黒TRY

東京都目黒区上目黒3-6-5 中目ビル5F
アクセス:東急東横線 / 東京メトロ日比谷線 中目黒駅南口より徒歩2分

https://info656694.wixsite.com/nakameguro-try/access

料金:2000円
定員:50名

チケット購入はこちらです
https://pr-freelance0519.peatix.com/

 

<主催>

・株式会社itty selection http://www.ittyselection.com/

Tags:, , ,
Posted in blog, お知らせ | Comments Closed

 

2019-04-20
セブ島にある、社会人向け英会話学校(KGA)の記事が公開されました。

 

セブ島で社会人留学の語学学校として有名な、
『桐原グローバルアカデミー〜 Kirihara Global Academy〜』さんの取材をさせていただきました。

https://wp.me/p7IGxT-1fW

 

今回はKGA(桐原グローバルアカデミー)で人気の、
「おもてなし英会話レッスン」を特別に体験し、記事を作成しています。

 

■桐原グローバルアカデミーってどんな学校?

 

桐原グローバルアカデミーの特徴

 

●大人向けの留学環境が整っている
プレミアム校は三つ星ホテルの最上階にあり、
朝食はホテルビュッフェ、日本人経営のカフェからランチが届くなど至れり尽くせりの環境

 

●先生の質がダントツに高い
セブ島にたくさんある語学学校のなかでも、特別な選考を実施しているため先生の質が高い。
英語のクオリティだけでなく、ホスピタリティの質を重視している

 

そんな質の高い先生の授業を、1日8時間、マンツーマンで受講するスタイルを提供

 

●レストランやショッピングモールが近い
日本人が美味しいと感じるレストランや、ショッピングモール(アヤラセンター)が近い。
モールは徒歩5分ほどなので、迷うことなく安心して行き来できる

 

「おもてなし英会話レッスン」って、どんな内容の授業なの?

 

『おもてなし英会話レッスン』では、
レストラン等でのおもてなしや道案内などをするための英語を習得することができます。

 

さらにグループ授業ではなく1対1でレッスンが進行するため、
“自分だけのシチュエーション”を先生に伝えて、英語の説明を考えてもらうことも可能です!

 

これまでにも温泉旅館のスタッフさんや飲食店の経営者の方が受講し、
個別のパターンに合わせたおもてなし英語を習得していかれたそうです。

 

サービス業などをされていて、セブ島の英語留学を検討されている方には、
自分だけの英会話が学べるこちらのコースはおすすめです!

 

実際にレッスンを受けた、体験レポートはこちらからどうぞ。

英語で日本のお店やサービスを紹介できるようになる、「おもてなし英会話」を体験!〜桐原グローバルアカデミー(KGA)〜

 

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR・広報代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

2019-04-11
雑誌『美人百花』5月号に、セブの企業さまを掲載していただきました。

 

 

■雑誌『美人百花』5月号に、ご紹介をした企業さまが掲載されました。

 

GWに連動した旅行の企画とのことで、
「女性が好きそうな景色のいい場所」や「おしゃれなカフェ」をとのご要望があり。

 

数店をご提案し、二店舗を掲載していただきました。
(広告枠ではないので、もちろん無料掲載です!)

 

 

 

 

今回はさらに、ご厚意で弊社story’s baseの社名も入りました。

 

広報やPRにおいてメディア掲載だけがゴールではないですが、
これからも数年後にありたい姿を共有させていただきながら、
クライアントさまのファン作りに尽力してまいります。

 

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR・広報代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

2019-04-06
プレスリリース→メガバンクから法人口座開設オファー!

 

 

「プレスリリースを発行することで、会社の信頼性が上がる」

こんな話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

なぜプレスリリースを発行するだけで信頼性が上がるかというと、
PRには世界的に標準とされるルールがあり、
企業やブランドが発信する情報としてプレスリリースが最も重要であると位置付けられているからです。

 

今回、弊社においてそれを実感する出来事がありました。

 

■メガバンクから、法人口座開設オファーが届く

 

法人設立をお知らせするプレスリリースを発行して数日後、三井住友銀行から一通のメールが届きました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000042230.html →こちらのリリースです)

 

三井住友銀行さんでは個人口座も所持していないため、不思議に思いながらメールを開封してみると以下のような内容が記載されていたのです。

 

・プレスリリースを拝見しました。法人化おめでとうございます。

・記事の内容を拝見し、御社の事業に将来性を感じました。

・つきましては、ぜひ当行で法人口座を作っていただけないでしょうか?

 

……まさかの、メガバンクからの法人口座開設オファーでした。

 

正直なところ弊社はスタートしたばかりのベンチャー企業であり、

このところ大手銀行での法人口座作成は難しい!!と聞くため、

メガバンクに口座の開設申請をする予定はありませんでした。

 

本当に三井住友銀行さんで口座が作れるの??と、緊張しながら面談に進みました。

 

■三井住友銀行さんで口座開設!!決め手はやっぱり……

 

 

面談時は弊社のオフィスに来てくださり、

審査というよりは「用意してきた書類に、必要項目を記入してくださいね^^」と、基本的には落ちない前提である印象を受けました。

 

お話をしていて気づいたのは、リリースを見ているのはもちろん、
弊社WEBページも読み込んだうえ、さらに競合調査までされていたようでした。

 

(「現時点で、同業者が本当にいないんですね!いいマーケットを見つけられましたね。」とお褒めの言葉までいただきました)

 

その中でやはり記憶に残ったのは、

「プレスリリースを発行する会社は、信頼性があると判断しています」

との言葉でした。

 

 

これから法人化に踏み切る企業やブランドさん、
大きなチャレンジを控えている会社さんは、
プレスリリース製作でメディア露出&信頼性の向上につなげる施策がオススメです。

 

スタートアップ時点でのPR&広報まわりのお悩みは、何でもご相談ください。

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR・広報代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。