blog

2019-03-03
会社設立ご報告の、プレスリリースを配信しました。

 

 

2019年2月22日の会社設立にともない、
お知らせのプレスリリースを作成・配信いたしました。

 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000042230.html

 

弊社ではクライアントさまのPRを行う目的やありたい姿を共有し、
具体的な結果を積みあげながら、ゴールへ向かうためのお手伝いをしてまいります。

 

スタッフ一同、今後ともよろしくお願い申しあげます。

 

Posted in blog, お知らせ | Comments Closed

 

2019-02-22
株式会社story’s base 法人化のお知らせ

]

 

 

株式会社story’s baseは、2019年2月22日に法人設立いたしました。

 

今後もスタッフ一同で、PR・広報サポートによって、
クライアントさまがよりその会社&ブランドらしく 成長していくためのお手伝いをしてまいります。

 

■会社概要

社名:株式会社story’s base / story’s base Inc.(よみ:ストーリーズベース)
代表者:代表取締役 CEO 小松田久美
設立:2019年2月22日

 

■本社所在地

東京都新宿区新宿4丁目3番15号 レイフラット新宿B棟3F
Mail:info@storysbase.com

Posted in blog, お知らせ | Comments Closed

 

2019-01-12
【@マクタン】子ども連れにも!セブの和める公園マクタンシュライン

 

 

●海からの風が吹き抜ける公園、Mactan Shrine(マクタンシュライン)

 

 

「子ども連れでセブへ来た時に、おすすめの場所はありますか?」

 

そう聞かれたときには、このモニュメントパークを必ずお伝えしています。

 

Mactan Shrineはマクタン・セブ国際空港からほど近い場所にある公園で、
広い敷地は地面がフラットに整備され、花壇や草木も丁寧に手入れがされている場所です。

 

小さな子が、好きなだけ走り回っても大丈夫。

 

干潟では色とりどりの小さな蟹が日光浴をしていて、
生き物好きな人はそこにいるだけで和めるはず。

 

セブシティでは平らな地面が続いて走りまわれる場所をあまり見かけないですし、
人がそこまで多くないのも含めて貴重な空間かもしれません。

 

大人にとっても喧噪から離れて自然に囲まれ、ほっと一息つけるところです。

 

 

 

 

 

 

●Mactan Shrineって、どんな場所?

 

 

マクタンシュラインは冒険家マゼランの率いる軍が1521年に上陸し現地軍と戦闘になった際、
マクタンの王ラプラプとラプラプ軍によってこの土地が守られたことを称える、記念公園です。

 

セブの人たちは楽しいことが大好きで、
音楽も愛しているので、ショッピングセンターや広場などはとても賑やかになります。

 

それでもここはいつ訪れても静かで、近くに住んでいるらしい子たちが遊んでいたり、
訪れる人たちがのんびりと思い思いに散策をしたりしています。

 

そうしたところからも周りに住んでいる人たちが、
とても大切にしている場所なのだなぁということが伝わってくるのです。

 

 

 

 

 

 

この公園は海からの抜け感を生かしたつくりのため、
園内に日をさえぎるものがほとんどありません。

 

飲み物を売る売店などもないので、
水分補給のための飲み物は忘れずに持っていってくださいね。

 

※いつも公園の入り口に、日傘をさしかけてくれる男性が数名います。
お願いしても問題はないですが、有料サービスなので後ほどお支払いが必要です。

 

 

 

 

●story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

2019-01-11
セブ拠点(支店・店舗)の広告戦略と、ブランディングをお手伝いします

 

 

当社ではセブ島に拠点や支店をもつ、日系企業のPR&広報サポートを行っています。

 

 

日本のみで展開をしている企業であれば簡単に行えるプロモーションも、
セブで対日本人に向けて行うと大変さが増してしまうことも多いのではないでしょうか。

 

どのような展開をすればターゲット層に届くのか国内とは勝手が違うことや、
そもそもセブ拠点には最低限の日本人スタッフしかいないなど、
広報や販促に時間をかけるのが物理的に難しい事情も出てきます。

 

そのような時こそ、手が足りない部分を私たちにお任せください。

 

最初にヒアリングをして方向性が決まった後は、企業ブログ更新や各SNSの対応も承ります。

 

業種やターゲット層によって、効果的なブランディングは異なります。

 

御社の状況に合わせて内容をカスタマイズできますので、
「こんなことをしてみたい」などお気軽にご相談ください。

 

 

■セブ拠点だけの専門サービス

 

 

日本で経営をしている会社への上記サービスにプラスして、
以下のような現地サービスも対応が可能です。

 

●日本またはセブで、お客様へサービスのご案内(代理窓口)

●プレスツアーに広報として立ち合い

●会合などに広報担当として同行

●大切な日本人ゲストを空港からご案内

●ゲストの観光&ショッピング付き添い (安全な地域に限ります)

●スタッフとして取材を受ける/原稿などの確認

●写真撮影のため、モデルを集める→撮影同行

●日本語、英語、ビサヤ語が話せる通訳を手配

 

セブ拠点で働くスタッフの皆さまが業務に集中できるよう、
PRや広報活動まわりの活動を丸ごと引受けいたします。

 

お困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

●story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

 

2019-01-10
セブのATMなら両替なし、日本のキャッシュカードでお金がおろせます

 

 

●セブのATMは、日本のキャッシュカードが使えます!

 

海外旅行をしていると、両替タイミングに悩むことってありませんか?

 

日本の空港は手数料が高すぎるし、
現地の空港でも街のレートと比べたらまだ高いことがほとんど。

 

とはいえ慣れない街で、ホテルから日本円を両替所まで持ち出すのも緊張するし……。

 

セブではそんな時にATMから、
日本の銀行キャッシュカードでそのまま現地通貨がおろせます!

 

 

●日本のキャッシュカードが使えるのは、こんなATM

 

 

 

 

 

特定の場所だけでなく、
ショッピングセンターなど人が集まる場所によく設置されています。

 

(アヤラモールでは、ほとんどの階に一台は設置されていました。)

 

 

 

 

青枠で囲ったPLUSマークが手元のキャッシュカードにもあれば、
日本円の預金から特に手続きなしでそのままPHP(フィリピンペソ)が引き出せます。

 

ただし引き出しには手数料が毎回250PHP(約500円)がかかるので、
ある程度はまとめておろした方がお得感があります。

 

大めの金額を持ち歩くのも出先から片道だけなら、
緊張する時間も少なくなるのではないでしょうか。

 

次回のセブ旅行では、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

● story’s baseでは、日本国内・セブ島における企業のPR代行を承っています。
PRプロデュースをはじめ、プレスリリース、広報物の作成、
WEBページ等コンテンツのアクセス解析&改善など……

お問い合わせはこちらからどうぞ。